3トンの炭とセラミックスで湿気を調節する自然換気と遠赤外線効果 / 炭の家

炭とセラミックスの特徴を活かした特許システム工法 「炭の家」

炭とセラミックスの自然力で活性化。

急激な生活の変化で進んだ環境汚染などを自然力で改善し、弱った土地、家を活性化するシステムです。

自然換気住宅『炭の家』では特許工法の築熱式遠赤外線床暖房は、炭やセラミックスの遠赤外線効果で1日4時間の使用で家中23℃。朝まで毛布一枚で眠れる暖かさで、住む人が心地よく生活できます。

また、自然換気住宅『炭の家』の地中に埋められた炭やセラミックスが湿気を調節するため、冬の結露や梅雨時期の湿度を抑え、家が長持ちします。


炭入れ工事

古代から伝わる炭を利用した還元法で、土地や住環境を改善する効果があります。
作物が良く育つ場所、つまり自然エネルギーの高い場所は、人も心地よく暮らせる場所ということがわかっています。
自然換気住宅『炭の家』の施工は、専門知識を必要としますが、その効果は大きく、何よりも無害で半永久的に続くため、住環境への根本的な改善法といえます。

馬場建設の自然換気住宅『炭の家』では、総量約3トンの炭とセラミックスを土地、基礎、大黒柱廻り、温水式床暖房の蓄熱層に埋設します。
自然換気住宅『炭の家』の地中に炭とセラミックスを埋設することで、生活空間のプラスイオンとマイナスイオンのバランスを整え、酸化を防ぎ、湿気の調節、建物の耐久性向上が期待できます。

新築でも既存住宅でも炭入れ工事可能

これから家を建る予定の方も、もう家をお持ちの方も炭入れ工事で自然換気住宅『炭の家』にすることが可能です。

また、

等でお困りの方、住宅や事務所等の環境改善に炭入れ工事をおすすめします。

お問い合わせはこちら

家の中のイオンバランスを整え、酸化を防ぎ、湿気の調節、建物の耐久性向上が期待でき、住む人が心地よく生活できる自然換気住宅「炭の家」について、詳しくは馬場建設へお問い合わせください。

資料のご請求など、お問い合わせはこちら